どうせ借りるならお得なキャッシングを

借り入れをすることになったら普通の人ならば友人や知人を頼ることが多いでしょう。やはり利息がないということや取り立てが厳しくないというのが魅力的なのでしょう。しかし私は身の回りの人にお金を借りることをおすすめはしません。友人同士の借金はトラブルからいとも簡単にそれまでの関係性を壊してしまうためです。
ではどこで借金をするのが一番いいのかというとやはり消費者金融などで行うキャッシングではないでしょうか。先ほど利息がかからないというのが魅力的と言いましたが、キャッシングでも利息をかけずに借りる方法が出てきていますし、取り立ては規制で厳しく制限されています。
大手の消費者金融ならば審査も厳しくてなかなかお金を借りれないという問題もあるでしょうが、中小の地方の消費者金融ならば審査も比較的緩く、これまでの収入が少なくとも貸し出しに応じてくれるところも多いです。

キャンペーンなどで無利息の時を狙ったり、返済時の手数料を極力安くする方法を探すことで友人や知人に借金するよりもよほど健全にお金を借りることは可能なのです。
わずかな手間を嫌って友人を失うことになったら取り返しがきかないですからね。よく考えて借り入れを考えてみましょう。

まずはクレジットカードで限界まで粘りたいですよね。大学生 クレジットカード

シルバーカラーのクレジットカード

高校生の頃、家の中にクレジットカードがありました。これは自分の名義ではなく家族名義のもので、このときにクレジットカードについて知りました。クレジットカードは大人が使うものぐらいの意味合いで解釈していましたが、VISAとかMASTER CARDとかいろいろ書いてあるけれど、どれが使いやすいのかさっぱりわかりませんでした。

しばらくして自分名義のものを作ることになりました。
大学生でも作れるものがあり、まずはJCBに申し込みをしてみました。シルバーのカラーでデザインが良く、それなりに気に入りました。カード払いをしたあとに、自分の名前をサインするようになっていて、買い物をするとサインをするという流れです。クレジットカード 大学生 こちらで審査に通りやすい大学生のうちに作れるオススメクレジットカードを3枚紹介しているようです。

筆跡を真似て書いたら使えるから悪用される恐れもあると思い、紛失しないようにしていました。あとからクレジットカード会社から明細が届くようになっていて、何月何日にいくら使ったというのがわかる表が封筒で送られてきます。それを確認のため自分で使ったものかどうか念のため確認をしておきます。

日本ではまだまだ現金払いの社会ですが、欧米はクレジットカード主流の社会になっているようですね。。スーパーなどのちょっとした買い物にもカードをバンバンきっていくので、小銭や紙幣での支払いは逆に煙たがられることもあるそうです。

在学中にクレジットカードを7枚発行したクレ女が作る、クレジットカードのハウツーサイト。